連載コラム

2017/5/25FREE

非行で片づけないで(高校1年・Kさん)

少女から大人たちへのメッセージ 第23回

バカなフリして生きるのやめた

女子高校生サポートセンターColabo

私の家、些細なことから罵りあいが始まる。私の家に居場所は無かった。学校ではいじめられて担任の先生に相談したけど何も変わらない。私は学校にも居場所が無かった。

家にいても寂しくて、寂しい時決まってすることがあった。それは「家出」。
家出をしていろいろな人の元を泊まり歩いた。時には記憶が無くなるまでお酒を飲み、時にはお金を盗まれ、時にはレイプされた。それでも家にいるよりはマシだった。誰かに話を聞いて欲しかったのかもしれない。誰かがそばにいてくれるだけでよかったのかもしれない。でもそれは家や学校では出来なかった。

だからその欲求を私に近づいてくる大人たちに向けた。でもその大人たちは私の話を聞き、そばにいる見返りに体を求めた。拒んでも無理やりヤられるのが分かっていたからある時から拒まなくなった。そんな私をヤリマンとして噂して離れていく友人もいたが私にはこうするしかなかった。

本来話を聞いてくれるべき人が、そばにいてくれるべき人がいてくれればそれでよかった。ただ寂しかっただけなのに。寂しかっただけなのに。

イメージ

一般社団法人

女子高校生サポートセンターColabo

性的搾取されやすい女子中高生を中心に、10代少女の自立支援を目的とした非営利団体。2011年5月創設、13年に一般社団法人化された。代表理事は仁藤夢乃。主な活動として夜間巡回・相談事業、食事提供支援、自助グループ運営、啓発・研修事業などを掲げている。

その他の連載コラムを読む

イメージ

2017/7/17FREE

ウォーレン・バフェット

目からウロコの経済用語「一語千金」
玉手義朗

イメージ

2017/7/11FREE

普天間基地移転問題の解決は「代替地でなく運用変更で」

新しい外交を切り拓く
猿田佐世