時事オピニオン時事問題や社会現象、文化、スポーツまで現代の動きを各界の専門家が解説。

2017/9/1FREE

プーチンvs.トランプ、ユーラシアの覇権争いの行方

ウクライナ、シリア、アフガニスタンをめぐり対峙する米ロ関係

時事オピニオン

湯浅剛

 ウクライナ危機シリア紛争アフガニスタン和平北朝鮮ミサイル問題ロシア・ゲート疑惑……、ロシアアメリカの対立軸は枚挙にいとまがない。ウラジーミル・プーチン大統領のもと、ユーラシアにおける影響力を強めつつあるロシアと、2017年1月に「アメリカ・ファースト」を唱えるドナルド・トランプ政権が発足して以降、混乱が続くアメリカ。17年7月のG20サミット(ドイツ・ハンブルク)と、そこで行われた米ロ首脳会談(17年7月)、シリアやアフガニスタンなどの最近の動向から、米ロ関係を俯瞰する。



欧州へ攻勢をかけるプーチン



 プーチン・ロシア大統領は欧州への外交攻勢を強めている。2013年秋に発生したウクライナ問題で米欧との関係が悪化して以降、プーチンが欧州に出向くのは、同問題に関する協議や気候変動サミットへの参加など多国間協議の場にほぼ限られていた。国別の外遊先としては、イタリア(15年6月)やギリシャ(16年5月)といった対ロシア経済制裁にどちらかといえば消極的な国々や、セルビア(14年10月)のように民族的にも近しい親ロシア国を、選択して訪問していた。
 しかし、プーチンはもはや欧州にとって「招かざる客」ではない。16年7月のフィンランド訪問以来、彼が過去1年強のあいだに訪問した欧州諸国は計7カ国にのぼる。これは、ウクライナ危機発生以降、最も高い頻度となっている。
 そして17年5月以降、プーチンによる対欧州攻勢は一つの山場を迎えているといえよう。まず、同月末のフランス訪問は、フランソワ・オランド前政権末期にシリア情勢をめぐってこじれた関係を修復する機会となった。就任間もないエマニュエル・マクロン大統領と会い、仕切り直しに向けた一歩を踏み出したのである。
 次いで、7月7・8日のハンブルクG20サミットでも、ホスト国ドイツのアンゲラ・メルケル首相に匹敵する頻度で、プーチンは引き続きマクロン大統領と協議の場を持った。3人は、それぞれの二国間会談に加え、サミット2日目にワーキング・ブレックファーストに臨んだ。そこでは、彼らが共有する重要案件であるウクライナ紛争について、主に協議をしたものとみられる。

いまだに続くウクライナ紛争



 ロシアはウクライナ紛争の事実上の当事国であるが、他方ではドイツ、フランスとともにウクライナ東部の親ロシア派勢力の停戦履行の調停者でもある。そのウクライナ東部の停戦ラインでは戦闘が断続的に起こっており、駐ウクライナ国連人権監視団によれば、17年に入り紛争の犠牲者数は1万人を突破した。G7によるロシアへの経済制裁も続いているが、それが解決のための決定打とならないまま、紛争は長期化している。事態が膠着するなか、ドイツ、フランス、ロシアは地域情勢についての協議の頻度を高めざるを得なくなっている。このような状況を背景に、G20サミットは、ロシアがG7からの制裁対象国としての劣位を感じることなく外交攻勢をかける格好の舞台となった。
 

シリア紛争をめぐる米ロの協調と対立



 G20サミットを機に、シリア問題についても一つの進展があった。初顔合わせとなったトランプ・プーチン会談後、米ロは、シリアに隣接するヨルダンを含む3カ国の合意として、シリア南西部3県に避難民保護などを目的とする「緊張緩和地帯」すなわち安全地帯を設け、ロシア軍による監視のもと停戦を進めることを発表した。また、今後、安全地帯の領域は、拡大する方針であるという。
 予定時間を大幅に超えて2時間以上にわたった会談のあいだ、プーチンとトランプは打ち解けた様子であったという。席上、プーチンはトランプ政権のロシア・ゲート疑惑(アメリカ大統領選挙へのロシアの関与)やロシアからのサイバー攻撃を明確に否定した。これは、アメリカ国内の世論を意識した、見方によっては両首脳が共有する利害のための「演出」とも受け取られかねないやりとりであった。
 だが、シリア問題について、米ロはこれからも水面下で対立を続けるとみてよいだろう。シリアのバッシャール・アサド政権の処遇をめぐって、米ロはまったく立場が異なっている。17年4月7日未明、アメリカ軍の巡航ミサイルによって、アサド側の管理する空港が攻撃されたことは記憶に新しい。トランプ大統領は、この攻撃をアサド政権が何の罪もない市民に対して化学兵器を使用したことに対する報復措置であるとした。しかし、アサド政権を支援するロシアは、これを国際法に違反する侵略行為だとして強く非難した。ロシアはまた、シリア軍が保有していた化学兵器の廃棄は、国連の専門機関によって記録・確認されてきたと主張し、化学兵器の使用が反アサド「テロリスト」によるものであることを示唆した。G20サミットでの米ロ会談で、この問題についてどのような議論があったのか、現時点で詳細は不明である。
 ロシアはシリア問題でアメリカと対立するかたわら、地域安定化・和平に向けて独自に関係諸国と協議を続けてきた。17年5月、ロシアは、カザフスタンの首都アスタナで継続していたシリア和平協議において、イランとトルコとともにシリアでの安全地帯設置について覚書を交わした。イランは従来からアサド政権を支持してきた一方、トルコは反アサド諸勢力を支援してきた。利害の対立していた両国を巻き込んで、ロシアが和平に向けた国際合意を主導したことは意義深い。ただし、その実効性については当初から疑問の声が上がっていた。
 今回の米ロ合意で示された安全地帯は、5月の覚書での設定に比べると地理的にはより限定されている。しかし、この合意が実効性をともなうものとなれば、「停戦保証国」としてシリア紛争の解決に向けて努力を続けてきたロシアとしても、利害が対立するなかでアメリカと協力したモデルケースとして注目されることとなろう。
 

トランプ政権にユーラシア戦略はあるのか?



 発足当初、トランプ政権は「アメリカ第一(アメリカ・ファースト)」のスローガンのもと、国際的な規範や理念の保護者ではなく、直接的な国益を重視する外交に舵を切る、と見られていた。

イメージ

広島市立大学広島平和研究所教授

湯浅剛

1968年生まれ。2001年、上智大学大学院外国語学研究科博士後期課程満期退学。在デンマーク日本大使館専門調査員などを経て05年より防衛省防衛研究所主任研究官。北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター共同研究員、財団法人・東洋文庫客員研究員などを兼ねる。15年4月より現職。主要著書に『現代中央アジアの国際政治』(単著、明石書店、2015年)、『平和構築へのアプローチ:ユーラシア紛争研究の最前線』(共編著、吉田書店、2013年)、『日本の中央アジア外交:試される地域戦略』(共著、北海道大学出版会、2009年)などが、共訳書にD.トレーニン『ロシア新戦略:ユーラシアの大変動を読み解く』(作品社、2012年)がある。

その他の時事オピニオンを読む

イメージ

2017/9/22FREE

「ポピュリズムに抗し、ポピュリズムとともにあれ」――都議会議員選挙の「騒乱の10日間」が示すもの

「無名の集合体」が、秋葉原「安倍やめろ」コールを生み出した
木下ちがや

イメージ

2017/9/22FREE

「国境なき医師団」看護師として、紛争地医療に生きる(前編)

「中東の最貧国」イエメンで今、起こっていること
白川優子