時事オピニオン時事問題や社会現象、文化、スポーツまで現代の動きを各界の専門家が解説。

2017/5/12FREE

「post-truth」時代に私たちがすべきこと

多様化した世界で、真実を考え続けることが大事

時事オピニオン

堀潤
構成・文/村山加津枝

 昨年(2016年)末から、にわかに注目を集めている言葉「post-truth(ポスト・トゥルース)」。日本語では「真実の終焉」や「ポスト真実」などと訳されている。イギリスのオックスフォード英語辞典が「2016年の世界の言葉」として選出したことに加え、フェイク・ニュースが拡散されている世界情勢を語る言葉として一気に広まり、日本でも定着した感がある。そこで、この言葉の意味するところ、問題点やその対策などについて、ジャーナリストで、市民ニュースサイト「8bitNews」代表でもある堀潤氏が解説する。

「post-truth」とは?



 2016年12月16日、オックスフォード英語辞典が「2016年の世界の言葉」として「post-truth」を選出しました。さらに同辞典のキャスパー・グラスウォール出版局長が、「我々の時代を最もよく表現する言葉の一つ」になるだろう、と語りました。「世論の形成において、客観的な事実よりも、感情や個人的な概念に訴えるほうが影響力がある」状況を表すというこの「post-truth」以外にも、さまざまな候補がありました。なかでも「alt-right(オルト・ライト:オルタナ右翼)」「Brexiteer(ブレグジッター:ブレグジット支持者)」「glass cliff(グラス・クリフ:ガラスの崖)」などは「post-truth」同様、16年の世界情勢を表す言葉です。
 また同辞典によれば、「post-truth」という言葉が最初に使われたのは1992年でしたが、これまであまり話題になりませんでした。しかし、昨年の使用頻度は前年比で2000%アップしたそうです。これには候補語の「Brexiteer」に関連する「Brexit(ブレグジット)」、つまり16年6月のイギリスの欧州連合(EU)離脱と、11月のアメリカ大統領選挙が大きく影響しました。
 前者では、EU離脱派の「トルコが近々EUに加盟するので大量の難民がイギリスに押し寄せてくる」など、後者では、トランプ支持者による「テロ組織がクリントンに資金提供」などのフェイク・ニュースがSNSなどで拡散され、状況を伝えるニュースなどでこの言葉がよく使われたのです。
 大統領選に関連するフェイク・ニュースを拡散させたのは、トランプ支持者だけではありません。特に政治に関心のないマケドニアの少年たちによる「ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王がトランプ氏を支持」というものもあり、これを信じた人が少なからずいたのです。これは、ニューヨークに本社を置くオンライン・メディア「BuzzFeed(バズフィード)」の取材で判明したことで、少年たちはトラフィック数を増やしてお金を稼ぐことが目的で、楽器欲しさにやったと答えた少年もいました。
 冷静に考えれば真実ではないとわかることも、「知人や家族がフェイスブックに書いていることなら信用できる」「ネットで検索したときに上位に挙がっている記事は正しい」などといった思い込みから、フェイク・ニュース、つまりデマ情報を真実と受け取った人々がいたのです。まさに「post-truth」の状態です。
 

日本でもキュレーション・サイトが問題に



 デマ情報という点では、日本でも、DeNA(ディー・エヌ・エー)が運営していた医療・健康のキュレーション・サイト「WELQ(ウェルク)」の問題は記憶に新しいと思います。医療的にまちがっている記事や「肩こりは霊のせい」などとんでもない情報が数多く見つかり、それをメディアが取り上げることで社会問題化しました。同時に、他のサイトからの流用記事の掲載も発覚しました。僕のまわりにも勝手に自分の記事を流用された人がいて、抗議するとすぐに謝り、「削除します」と言われたそうです。著作権侵害をしているという意識というか罪悪感がない、メディア・リテラシーがないんですね。
 なぜ、こうしたことが頻繁に行われていたかというと、自社が運営するウェブページを検索の上位にするためです。皆さんもグーグルやヤフーを使い検索したとき、ついつい一番上にある記事を読んではいませんか。記事の数が多ければ、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)によって、検索の上位になります。見る人が増え、ページビュー数が増えると広告収入につながります。記事数を増やそうとした「WELQ」は、アルバイトや主婦などが副業的に書いた記事をチェックなしで掲載していました。結果、真実ではない記事や流用記事が掲載され、その記事をシェアしたりリツイートしたりする人もいて、さらに拡散していったのです。
 結局、DeNAの社長が謝罪し、他の9サイトも併せて閉鎖することになりました。別の会社が運営するキュレーション・サイトでも同様な問題が発覚し、閉鎖が相次ぎました。
 

ネットメディアだけの問題か?



 ところで、こうしたことはネットメディアだけの問題でしょうか?
 クリック数という言葉を、視聴率や発行部数に置き換えれば、ネット以外のメディアでも以前から行われてきたことだとわかるでしょう。メディアがネットかそれ以外かと切り離して考えるのは無意味で、商業メディアに関しては儲けることが根底にあり、稼ぐためにはどうすればいいのかと考えます。さまざまな問題は、この、儲けるにはどうすればいいのか、という部分で発生します。さらに問題が一つ解決しても、また別の問題が起きます。
 だからこそ、「お金がかかわらないもの」「お金が稼げないもの」「お金がたくさんかかるもの」に関して、公共メディアの役割が大きくなるわけです。しかし、残念なことにその使命を十分に果たしているとは思えません。
 総務省の調査(「平成27年版 情報通信白書」)では、情報収集に関してインターネットの検索サイトを使う人は、調べたい内容にかかわらずどの年代でも70%前後で、その平均は70%を超えています。ところが、対象がニュースとなるとテレビの割合が高くなり、いちばん少ない30代でも50.8%と半数を上回っています。



 僕は「夢の課外授業」というプロジェクトに参加しており、今年の3月に福岡市立博多小学校の4年生を対象に授業をしました。その中で、子どもたちに、最近気になるニュースは何かと聞きました。多かったのが「トランプ大統領」という答えでした。さらに聞くと、その主な情報源はテレビであり、小学生にとってはやはりテレビの影響が大きいことを痛感しました。

イメージ

ジャーナリスト、NPO法人「8bitNews」代表理事

堀潤

1977年兵庫県生まれ。立教大学文学部ドイツ文学科卒。2001年にNHK入局。「ニュースウォッチ9」「Bizスポ」などの報道番組を担当。12年6月、市民参加型動画ニュースサイト「8bitNews」を立ち上げる。13年4月1日付でNHKを退局。17年4月、情報発信支援プロジェクト「GARDEN Journalism」を立ち上げる。現在は「モーニングCROSS」(TOKYO MX)、「JAM THE WORLD」(J-WAVE) ほかで活躍中。主な著書に、『変身 Metamorphosis メルトダウン後の世界』(2013年、角川書店)、『僕がメディアで伝えたいこと』(13年、講談社現代新書)、『僕らのニュースルーム革命』(13年、幻冬舎)がある。(2017.05)

その他の時事オピニオンを読む

イメージ

2017/6/23FREE

青天井で増える原発コスト

東京電力と原発を延命し、そのツケは国民へ
大島堅一

イメージ

2017/6/16FREE

なぜ米軍基地は沖縄に集中しているのか

「銃剣とブルドーザー」で土地を奪い、本土の基地を沖縄へ
屋良朝博