情報・知識&オピニオン imidas
twitter
facebook

著者プロフィール

阿武野勝彦 (あぶの かつひこ)

東海テレビ・ゼネラルプロデューサー
1959年生まれ。同志社大学新聞学科卒。81年東海テレビ入社、アナウンサーを経てドキュメンタリーを制作。主なプロデュース作品に『裁判長のお弁当』(07年、ギャラクシー大賞)、『光と影〜光市母子殺害事件 弁護団の 300 日〜』(08年、日本民間放送連盟賞最優秀賞)など。劇場公開作『平成ジレンマ』(10年)、『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』(12年)、『ホームレス理事長』(13年)、『ヤクザと憲法』(15年)、『人生フルーツ』(16年)、『眠る村』(18年)などでプロデューサーを務める。個人賞として、日本記者クラブ賞(09年)、芸術選奨文部科学大臣賞(12年)、放送文化基金賞(16年)などを受賞。東海テレビドキュメンタリー劇場として、菊池寛賞(18年)も受賞している。最新作『さよならテレビ』は、2020年1月より順次公開。

連載コラム一覧