情報・知識&オピニオン imidas
twitter
facebook

“ちょかり本”研究ノート

「ちょかる(ちょける)」。滋賀県の方言で、「調子に乗る」「イキる」に近いニュアンスを含む、「やや軽率で憎まれつつも世にはばかっている感じの人」を指す言葉です。“旬”であったり、“ブレイク”していたりする人やモノには、多かれ少なかれ“ちょかり”感はつきもの。もちろん書籍の世界にだって、ベストセラーやロングセラー、トガったワンテーマ本、超高価本など、いろんな意味で“ちょかった”本はあふれています。ルポライターの安田峰俊さんが、どうにも気になるそんな“ちょかり本”を紹介します!

安田峰俊 (やすだ みねとし)

1982年、滋賀県生まれ。立命館大学人文科学研究所客員協力研究員。著書『中国人の本音』(講談社)、『和僑』『境界の民』(KADOKAWA)、『さいはての中国』(小学館)など。『八九六四』(KADOKAWA)で2018年に第5回城山三郎賞、2019年に第50回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

連載コラム一覧