情報・知識&オピニオン imidas
twitter
facebook

若者のミカタ〜ブラックバイト世代の君たちへ

昨今、この国で若者たちが直面しているのは貧困、教育格差、労働搾取、自己評価の低下——奨学金問題やブラックバイト問題に積極的に取り組む大学教授が「若者受難社会」を考える!

大内裕和 (おおうち ひろかず)

1967年、神奈川県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得。松山大学人文学部教授、中京大学国際教養学部教授を経て、2020年度より現職。奨学金問題対策全国会議の共同代表。教育における貧困と格差や中間層解体を研究テーマとする。著書に「ブラックバイトに騙されるな」(集英社)、「奨学金が日本を滅ぼす」(朝日新書)、「ブラック化する教育 2014-2018」(青土社)などがある。

連載コラム一覧