情報・知識&オピニオン imidas
twitter
facebook

著者プロフィール

溝口紀子 (みぞぐち・のりこ)

柔道家、スポーツ社会学者、日本女子体育大学・大学院教授
1971年、静岡県生まれ。92年、バルセロナ五輪女子柔道52キロ級で銀メダルを獲得。96年にはアトランタ五輪にも出場した。2002~04年、日本人女性で初めて、フランスの女子柔道ナショナルチームのコーチを務める。13年、全日本柔道連盟評議員に就任。15年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程を修了し博士(学術)取得。静岡文化芸術大学准教授、教授を経て、18年より日本体育大学教授。主な著書に『性と柔 女子柔道史から問う』(2013年、河出ブックス)、『日本の柔道 フランスのJUDO』(2015年、高文研)がある。

連載コラム一覧