情報・知識&オピニオン imidas
twitter
facebook

著者プロフィール

星野光世 (ほしの みつよ)

戦争孤児の会会員
1933年、東京生まれ。1945年、東京大空襲で両親ときょうだいを亡くす。2013年にすみだ郷土文化資料館で開催された「描かれた戦争孤児」展に出品するため、戦争孤児の絵を描き始める。著書に『もしも魔法が使えたら 戦争孤児11人の記憶』(講談社、2017年)がある。

連載コラム一覧