情報・知識&オピニオン imidas
twitter
facebook

著者プロフィール

若松英輔 (わかまつ えいすけ)

批評家・随筆家
1968年新潟県生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授、未来の人類研究センター教授を兼任。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第14回三田文学新人賞評論部門当選。16年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第2回西脇順三郎学術賞を受賞。詩集『見えない涙』にて第33回詩歌文学館賞(18年)を、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)で第16回角川財団学芸賞(18年)及び、第16回蓮如賞(19年)を受賞している。近著に『内村鑑三 悲しみの使徒』(岩波新書)、『詩と出会う 詩と生きる』(NHK出版)、『本を読めなくなった人のための読書論』『いのちの巡礼者 教皇フランシスコの祈り』(ともに亜紀書房)などがある。

バックナンバー

連載コラム一覧